うつ病と適応障害の違いとは?症状等【両方の精神疾患を経験】|お茶橋のメンタル分析-リワーク支援、失業した人のためのブログ
メンタル

うつ病と適応障害の違いとは?症状等【両方の精神疾患を経験】

うつ病と適応障害の違いとは?症状等【2つの精神疾患を経験】

お茶橋
お茶橋
どうも!お茶橋です!

皆さんは「うつ病」という病気をご存じでしょうか?

最近は少しずつうつ病という言葉について認知されいるため、社会的にも少しずつ理解はされている病気なのかと感じています。


しかし「適応障害」という病気について知っている方は少ないのではないでしょうか?


私はうつ病と適応障害の二つの精神疾患を経験しました。

うつ病と適応障害という精神疾患ついてまずは簡単に症状を見てもらって、こういう症状の病気なんだということを知って頂きたいと思います。

さらに二つの精神疾患を経験した私の目線で、うつ病と適応障害という精神疾患の違いを知ってもらたらと思います。

うつ病という精神疾患について

うつ病の症状について

うつ病と呼ばれる精神疾患についてまずは、簡単に症状を説明していきたいと思います。


うつ病とは脳の働きに問題がある状態です。

精神的なところから症状がくるという認識が強いため、「さぼっているだけ」「怠けている」等と思われがちですがれっきとした脳の病気です。

脳の働きに問題があるため、投薬やカウンセリングといった治療が必要になります。

うつ病の症状としては億劫に感じることや、抑うつ気分に代表されるように精神的な面での症状が多いと思われていますが身体的な症状もいくつかあります。


うつ病についての他の症状は、下記にまとめましたのでご覧ください。

【こころの症状】
抑うつ気分
不安・あせり
・遠くへ行きたい・消えてしまいたい
・興味または喜びの喪失
・意欲の低下・おっくう感
・自分を責める
・会話や本などの内容が頭に入ってこない

うつ病こころとからだ「 うつ病とはどんな病気? 」

【からだの症状】
睡眠障害
・食欲の減退
疲労感・倦怠感
・動悸・息苦しさ・口が渇くなど
・からだの重さや痛み

うつ病こころとからだ「 うつ病とはどんな病気? 」

上記で挙げた症状について私もほとんど実感している症状でした。


特に自分で自分を責めるということは、外から見ている限りではわからないと思います。

「あれだけ元気そうだったのに…」という方が突然うつ病を発症して休職するように見える一つの原因はこれが理由です。


またうつ病になった人の中で、原因が何か分からない方もいます。

何がトリガーになってうつ病になったのか覚えていない、分からないということですね。


さらに適応障害からうつ病に診断名が変わる人もいて、私も同じようなケースでうつ病と診断されました。


うつ病の代表的な症状については以上となります。

適応障害の症状について

適応障害の症状について

次に適応障害の症状について簡単に説明していきたいと思います。

適応障害の概要については、参考になるよさそうな記事を見つけましたので、そちらをご覧ください。

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。

たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。


また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。

ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善します。


でもストレス因から離れられない、取り除けない状況では、症状が慢性化することもあります。

そういった場合は、カウンセリングを通して、ストレスフルな状況に適応する力をつけることも、有効な治療法です

厚生労働省 知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス総合サイト「 適応障害 」

簡単にまとめると、適応障害は何が原因でメンタルに影響を及ぼしているのかがはっきりと原因がわかっていることが多いです。


私が適応障害になったときのことを例に挙げて、簡単に説明していきます。

私は新入社員として入社した会社では暴力や過重労働、また人間関係で問題を抱えていました。

このような状況を私は耐え難いと感じて、会社に行くということそのものがとても辛いと感じた記憶があります。

そしてメンタルに大きな負担がかかり休職をしました。


基本的に適応障害の症状は、うつ病と似たような症状です。


その時の詳しい状況については、下記をご覧ください。

https://showkichi-othabashiblog.com/%e4%ba%ba%e7%94%9f%e6%9c%80%e5%a4%a7%e7%b4%9a%e3%81%ae%e6%8c%ab%e6%8a%98%ef%bc%88%e3%81%86%e3%81%a4%e7%97%85%ef%bc%89%e3%82%92%e7%b5%8c%e9%a8%93%e3%81%97%e3%81%9f%e7%b5%8c%e7%b7%af%e2%91%a0/

うつ病と適応障害の違いって何?

うつ病と適応障害の違いって何?

ここまでうつ病と適応障害の症状をまとめてきましたが、違いとは一体どこにあるのでしょうか?

二つの精神疾患を症状で見ていくと、うつ病と適応障害の区別がつきませんよね?

実際に心療内科や精神科の方に聞いても大きな違いはなく、専門医でも判断が難しいとお聞きしました。

一般論としての違いは、適応障害は投薬治療では治らずうつ病は投薬治療で改善する可能性があるということです。

適応障害はある程度原因がはっきりしているため、耐え難いと感じている環境から離れると症状が改善されるとみられています。


しかし先ほども少し触れましたが、私のケースでは適応障害と診断されてのちにうつ病と診断名が変化しています。

適応障害を発症してから会社を休職して自宅で療養して、最初の半年良くなるだろうという診断でしたが、良くなる兆しが見えなかったことが理由でした。


簡単に言ってしまうと主治医の見方によって、適応障害なのかうつ病なのか診断名が変化する可能性があり、あまり違いはないのではないかということです。


結局適応障害でも原因となった環境から離れるだけではなく、うつ病の時と同様に抗うつ薬や睡眠薬等の投薬治療を行います。


うつ病や適応障害といった診断名に差はあります。

でもそれぞれの精神疾患を発症した患者の症状が、その患者自身にあった治療をどのようにしていくかということを主治医と話し合うことが大事だと思いました。


賛否両論あるとは思いますが、一つの意見として理解してもらえたら幸いです。

まとめ

うつ病と適応障害の違いについてまとめてきましたがいかがでしょうか?


専門的な知識を持った先生としてではなく、一人の精神疾患を持っている患者としてうつ病や適応障害の違いについて考えをまとめてきました。

基本的にうつ病になった人は、原因がわからない場合もありますが適応障害になった原因ははっきりとしている場合が多いです。

それぞれの精神疾患を発症する原因については違いがありますが、症状については特に違いがあるわけではありません。

私のように適応障害からうつ病に診断名が変更されることだってあります。


このあたりの意見について賛否両論はあるとは思いますが、一つの意見として頭の片隅に置いてもらえたら嬉しいです。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

ABOUT ME
お茶橋
東海地方在住の社会人3年目。 現在休職中。 今の自分だからこそできる情報を発信していこうと考えています。 長時間労働とパワハラの過酷な環境でうつ病を発症。 一念発起し転職→1年後再びうつ病を発症し休職。 現在はリワークに通い社会復帰を目指す。

コメントを残す