Nageyari(なげやり)各務原で上手いラーメン屋【感想、評価】|お茶橋のメンタル分析-リワーク支援、失業した人のためのブログ
日記

Nageyari(なげやり)各務原で上手いラーメン屋【感想、評価】

岐阜県にあるNageyariというラーメン屋

こんにちは。お茶橋です。

本日はリワーク支援に通っているメンバーさんにご紹介頂いたラーメン屋に行ってきました!

ラーメンが大好きなそのメンバーさんの話を聞いてみると是非行きたいと思い行っちゃいました。笑

考えてみるとこうしてラーメン屋に1人で行こうと思えるようなったのは、リワークプログラムのおかげかなと思います。

今までは、家に1日中いることが多かったですからね。私はラーメンを食べたくて、あるラーメン屋まで車を走らせました。

岐阜県にあるNageyariというラーメン屋

岐阜県各務原市まで車を走らせ、Nageyariというラーメン屋まで行きました。


お店に着いたのは10時半ごろでしたが、開店30分前にも関わらず、すでに1組が並んでいました。開店時には20人ほどが並んでいたため、人気がある店なんだと思いました。


そして11時になり、開店と同時にお店に入りました。


お店の入り口付近には食券を買うための機会が設置されており、そこで自分が頼みたいメニューを選んで券を買うシステムでした。


私は目の前のお客さんが常連さんであることをなんとなく会話が聞こえて知り、そのお客さんと同じNageyari特製ラーメンを頼みました。

 

Nageyari特製ラーメン 味の感想

Nageyari特製ラーメン 味の感想

 

 「Nageyari特性ラーメン」1,050円(税込)


このラーメンが最初にきて思ったのは、チャーシューがすごくボリュームあることにびっくりしました。


食べてみるとそのボリュームに負けないくらい美味しかったです。


スープのほうは、魚介系と動物系半々くらいの味で、味は濃厚ですが飲みやすくて美味しいという感想でした。


特製ラーメンということで、具を含めて豪華でしたが、金額に負けない中身の濃いラーメンでした。来てよかったと思います。

 

まとめ

 

今日はリワークが本来ある日だったのですが、祝日で休みだったので外に出けようと思いラーメン屋に行ってきました。


ラーメン自体はとてもおいしくまた行きたいと思いました。


このように休日中に出かけることができるようになったのは両親や友人、リワーク施設のサポーターやメンバーさんのおかげだと思います。


この調子で自分のうつ病と向き合い、社会復帰に向けて1歩ずつ歩いて行けたらと思います。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

ABOUT ME
お茶橋
東海地方在住の社会人3年目。 現在休職中。 今の自分だからこそできる情報を発信していこうと考えています。 長時間労働とパワハラの過酷な環境でうつ病を発症。 一念発起し転職→1年後再びうつ病を発症し休職。 現在はリワークに通い社会復帰を目指す。

コメントを残す