オンラインピアカフェ会 【第四回・実施報告、第五回・開催予定】|お茶橋のメンタル分析-リワーク支援、失業した人のためのブログ
メンタル

オンラインピアカフェ会 【第四回・実施報告、第五回・開催予定】

オンラインピアカフェ会 【第四回・実施報告、第五回・開催予定】
お茶橋
お茶橋
どうも!お茶橋です!

2020年10月11日(日)、第四回・オンラインピアカフェ会を開催しました。

参加して頂いた2人の方々、ありがとうございました。


今回オンラインピアカフェ会は、最初の予定では人が集まらず、開催を延期する予定でした。

しかしその中で、

「どうしてもやって欲しい!」

と言って頂いたのでお言葉に甘えさせてもらい、開催をすることとなりました。


第四回・オンラインピアカフェ会は、やはり最初はみなさん緊張されているようで、口数は少なかったです。

しかし、会が進むにあたってみなさんの緊張がほぐれていき、最終的にはzoom特有の40分制限を3回ほど超えて時間お話しました。


今回オンラインピアカフェ会の中では、まずご参加して頂いた方の現在の状況をお話して頂きました。

病気を抱えながらも復職されている方と、作業所で仕事をしながら今後どうしていこうか考えている方いらっしゃいました。

状況は三者三葉だなと思いました。


お話をしている中で、これだと思う意見は出ませんでしたが、3人で様々なお話はしたので、あとはその方がどうするかだと思います。


ほかにもお話の中でいろいろな話題がでました。

下記にまとめていきたいと思います。

※私の記憶力の問題で抜けている分がありますが、ご了承ください。


そして今のコロナ禍ならではの悩みを感じている方がいました。

自宅で仕事をしていると切り替えが難しい。

会社に行っていたときは、会社にいくということでスイッチを入れたり、自宅で過ごすことでスイッチを切れたりすることができる。

しかし在宅だとなかなか切り替えることが難しい。

私は在宅勤務をしたことがなかったので、新たな視点から学ばせてもらったなと思いました。


あとは今作業所に通っている方で、今後就労支援修行に通い、スキルを身に着けるべきか3人で話し合いました。

理想でいえば就労移行支援に通いたいところですが、家から少し遠いこと、そして作業所はお金が出ること。

その金銭的な状況が変わることが、負担になっていると感じました。

●就労支援移行について
●就労支援移行は医療リワークと違うの?
●薬の減量を考えるタイミングについて
●病気について家族は理解しているか?理解の仕方、させ方
●家族が病気を理解できないのはそもそも、相気になったことがないから
●病気になった自分と家族との間で理解に差がある
●今回のオンラインピアカフェ会に参加しようと思った理由について

【お茶橋による】オンラインピアカフェ会(zoom を利用)

スマホ・タブレット・PCいずれでもご参加可能です。

●10月25日(日)13:00~

ZOOMに入室して下さい

※予備日 人が集まらない場合は、11月に再度予定します。

開場13:00までには入室してくださるようお願いします。

参加お申込みの後、DM・メールにてURLをお送りします。

又、zoom 初めての方には詳細ご説明いたします。ご安心ください。

状況によって、急遽中止となる場合もあります。

また、終了時間が延長になる場合もありますが、各自のご都合でご退席ください。

・定員4名事前申込制(先着順)

お問い合わせはこちらまで

shogo_m_private193[at]outlook.com

メールでのお申込みもお受けしています。

※スパム対策で@を [at] と表示しています。

送信の際は[at]を@(半角)に置換してください。

TwitterのDMからも受け付けていますよ!!

下記から飛べますよ~

皆さんとお話できることを楽しみにしています。

他の参加者の感想

第3回までのオンラインピアカフェ回の感想

ABOUT ME
お茶橋
東海地方在住の社会人3年目。 現在休職中。 今の自分だからこそできる情報を発信していこうと考えています。 長時間労働とパワハラの過酷な環境でうつ病を発症。 一念発起し転職→1年後再びうつ病を発症し休職。 現在はリワークに通い社会復帰を目指す。

コメントを残す