オンラインピアカフェ会の感想【参加者による体験談まとめ】|お茶橋のメンタル分析-リワーク支援、失業した人のためのブログ
メンタル

オンラインピアカフェ会の感想【参加者による体験談まとめ】

オンラインピアカフェ会の感想【参加者による体験談まとめ】

お茶橋
お茶橋
どうも!お茶橋です!

今までに、オンラインピアカフェ会に参加した方の感想をまとめました。


オンラインピアカフェ会に参加したいけど、どんな会なのか分からなく不安という方は是非参考にしてみてくださいね。

※お茶橋の感想については、先に記載させていただきます。

ご容赦ください。

【お茶橋】オンラインピアカフェ会に参加した感想

【お茶橋】オンラインピアカフェ会に参加した感想

これまで私は、オンラインゼアカフェ会を4回企画・開催しました。

述べ8人の方(中には2回目の方もいらっしゃいます)と、オンラインビアカフェ会を行いました。

(2020.10.19現在)


9月から始めたオンラインビアカフェ会ですが、開催ペースとしては約2週間に1回です。

いいペースだなと感じています。

これからも、もっとたくさんの方とお話をしてみたいと思っています。


次に、オンラインピアカフェ会でいろいろな方とお話してみた感想です。

オンラインピアカフェ会に参加された方は、みんな病気で悩みは抱えていました。

しかし、それでもなんとか前を向いて頑張ろうとしている方が多い印象です。


私が感じることは、基本的に気分障害を患う人は優しい方が多い反面、人に対して気を使いすぎる。

また、ストレスを抱えすぎてしまうケースが多いと思います。


なので、オンラインピアカフェ会の中で、話していていい人なのだろうなという印象を感じることは多いです。

だからこそ、苦しむ方が多いですよね…


ちなみに、私が医療リワークに通っていた時でも、同じ病気で苦しんでいる方とお話する機会はたくさんありました。

少しでもオンラインピアカフェ会に参加された方が、気持ちが軽くなるような会にしていきたいと思います。

オンラインピアカフェ会の良い点・悪い点

オンラインピアカフェ会の良い点・悪い点

オンラインピアカフェ会を企画した主催者として、参加するメリットとは、一体どのようなものがあるのでしょうか?

特に、面と通常の面と向かって行う、通常のピアカフェ会との比較も交えていきます。

オンラインピアカフェ会のよいところ(メリット)

オンラインピアカフェ会に参加する一番のメリットは、同じ境遇の人と、お話ができるということです。

普段生活している中で、同じ病気で苦しんでいる方と話をする機会はあまりないと思います。


さらに、日々働いている中で、自分自身の病気については職場に隠しながら(クローズ就労)働いている方も多いですよね。

そのような状況の中では、同じ境遇の人同士で働いている、お話をすること自体が貴重だと思います。

これが一番のメリットですね!


ほかにもあります。

本来、ピアカフェ会は面と向かって行うため、開催場所によっては気軽に参加することができません。


オンラインピアカフェ会であれば、文字通りオンラインで行うため、どこに住んでいるとしても気軽に参加して頂けます。


上記で上げたもの以外にも、様々な点でメリットがありますが、長くなるためこの辺りでやめておきます。




オンラインピアカフェ会の課題(デメリット)とは?

オンラインピアカフェ会を企画、参加することで感じたデメリットもあります。


デメリットは、オンラインだからというわけではないですが、なかなか話を切り出すことができない方が一定数いることです。

自分の推測ではありますが、話し始めたとき、ほかの人と声が被ることが申し訳なく感じる。


どのタイミングで話せばいいのかわからない。

自分の話は、ここで話していいものなのか?

迷っているうちに話せなくなるといった理由があるかなと思います。


しかし、そこは安心してもらえたらと思います。

私が、オンラインピアカフェ会の進行役で、全体の流れを見ているため、なかなか話すことができていない人は、お話を振ることがあります


オンラインという場になかなか慣れていない人もいるとは思いますが、そこは何度かすでに経験している私を頼って頂いて大丈夫です。

安心して参加してもらえたらと思います。

オンラインピアカフェ会に参加して頂く際のお願い

オンラインピアカフェ会に参加して頂く際のお願い

ここで、オンラインピアカフェ会に参加して頂くにあたってのお願いがあります。


最近は、なかなか参加者が集まらず、厳しい状況があります。

さらに、人が集まるときでも、参加したいというメッセージがギリギリになっている方が多いです。


なので、人数が集まらない際には、大変申し訳ないのですが、中止にさせて頂くこともあります。

できれば、参加したい思われる方で、でも不安だなと思う場合は、相談してほしいです。


また、参加ご希望の場合は、なるべくお早めに頂きたいなと思います。

普段の生活のなかで、

「私は精神疾患を抱えています。なので回りの人は私に配慮してください。」

このように周りに自分の病気について、周りに伝えることはなかなかないと思います。

そこで私お茶橋は、同じ境遇(気分障害)を抱える当事者同士で話しあうことができれば、今よりももう少し自分に対して前向きに考えられるのではないかと考えています。

私たちの家族でさえ、なかなか理解が得られず、自身が持っている病気について苦しむことはありませんか?

状況は違っても、同じ境遇で苦しんでいる人同士で話しあうことで、病気と戦う力を身に着けることができるのではないかとも考えています。

是非とも「オンラインピアカフェ会」にご参加お待ちしております。

【お茶橋による】オンラインピアカフェ会(zoom を利用)

【お茶橋による】オンラインピアカフェ会(zoom を利用)

状況によって、急遽中止となる場合もあります。

また、終了時間が延長になる場合もありますが、各自のご都合でご退席ください。

・定員4名事前申込制(先着順)

お問い合わせはこちらまで

shogo_m_private193[at]outlook.com

メールでのお申込みもお受けしています。

※スパム対策で@を [at] と表示しています。

送信の際は[at]を@(半角)に置換してください。

TwitterのDMからも受け付けていますよ!!

下記から飛べますよ~

皆さんとお話できることを楽しみにしています。

オンラインピアカフェ回参加者の感想

オンラインピアカフェ回参加者の感想

最後に、参加者の感想をまとめていきたいと思います。


実際に参加された方に、感想を書いて頂いているので、参考になると思いますよ!

参加させて頂きました。
3人の参加でした。おふたりとも、前向きで、お仕事がんばられて勇気をもらえました。明日からも仕事がんばろうと思います。
 悩みも共感でき、色々お話しできて楽しかったです。参加してよかったです。ご興味のある方、一緒に参加しませんか?
引用ツイート

2回目参加オンラインぴあカフェ会参加の方

【大好評】主治医や看護婦には理解されない細かな部分をカウンセリングします

「主治医が話しを聞いてくれない…」

「カウンセリングの方は、教科書に載っているようなアドバイスばかり…」


状況のような方向けに、オンラインカウンセリングを開始しました!

もしご興味がある方は、下記をクリックもしくはタップしてみてみてくださいね~

ピアカウンセリング♪病気に悩む当事者同士で話します 『ピア=同じ病気・当事者同士』医者は頼れないと考えるあなたに

ABOUT ME
お茶橋
東海地方在住の社会人3年目。 現在休職中。 今の自分だからこそできる情報を発信していこうと考えています。 長時間労働とパワハラの過酷な環境でうつ病を発症。 一念発起し転職→1年後再びうつ病を発症し休職。 現在はリワークに通い社会復帰を目指す。

コメントを残す